UQWiMAX以外のプロバイダーは…。

NTTDoCoMo又はY!モバイルなら、3日間で1GBを超過してしまうと、一定の期間速度制限が行われることになるのですが、WiMAX(ノーリミットモード)ですと、それらの制限は設けられていません。

長くWiMAXを利用しているのですが、新たにモバイルWiFiルーターを比較し、「現実満足のいく機種はどれなのか?」を検証してみたいと考えています。

「ネット使い放題プラン」で高評価のWiMAX。高速モバイル通信が制限なしで使えるモバイルWiFiルーターとして浸透してきており、導入も容易で、プラン内容を他と比べてみれば月額料金も非常にリーズナブルです。

正直申し上げて、LTEを使うことが可能なエリアは狭いと言わざるを得ませんが、エリア外にて通信をしようとする時は、知らぬ間に3G通信に切り替わる仕様となっていますので、「接続できない!」という様なことはないと考えていいでしょう。

「WiMAX」「格安sim」「ワイモバイル」全部を対象に、それらの強み・弱みを熟知した上で、利用状況に沿ったモバイルルーターをランキング一覧の形でご紹介します。

WiMAXの後継版という形でマーケット投入されたWiMAX2+は、従来モデルであるWiMAXの3倍という速さでモバイル通信をすることが可能です。その上通信モードをチェンジすることで、WiMAXとWiMAX2+ばかりか、au 4G LTE回線も利用できる様になっています。

以前の通信規格と比べても、驚くほど通信速度がレベルアップしており、多くのデータをあっという間に送受信できるというのがLTEだというわけです。今日の社会に最適の通信規格だと痛感しています。

UQWiMAX以外のプロバイダーは、大元であるUQWiMAXから通信回線を貸してもらうときに必要なコストしかかからないので、UQWiMAXと比較したところで、その料金は低額になっていることが一般的です。

どういったタイプのモバイルルーターにも3日3GBか1カ月7GBの速度制限規定が設けられています。ただ非常識な使い方を控えれば、3日間で3GB分使うことは滅多にありませんから、それほど危惧する必要はないと思います。

ワイモバイルが市場展開しているポケットWiFiは、所定の通信量を越えると速度制限が掛けられます。なお速度制限が適用される通信量は、買い求める端末毎に決まっています。

「使えるエリア」「月間料金」「通信容量」「速度制限の有無」という4つの項目で比較してみた結果、どなたが選択したとしても満足するモバイルWiFiルーターは、わずか1機種だけでした。

こちらのホームページでは、1人1人に見合うモバイルルーターを選定いただけるように、それぞれのプロバイダーの月額料金や速度などをチェックして、ランキング形式にてご案内しております。

ポケットWiFiと言いますのは携帯と一緒で、1つ1つの端末が基地局と無線にて繋がりますので、手間のかかる配線などを行なうことは全く不要ですし、フレッツ光またはADSLの時に必要だったネット回線工事も不要です。

ワイモバイルというのは、NTTDoCoMoなどと同じく自社にてモバイル用回線網を有し、個別にサービスを市場展開する移動体通信事業者(通称MNO=Mobile Network Operator)で、SIMカードオンリーの販売もやっているのです。

オプションにはなるのですが、WiMAXのエリア圏外の場合には、高速通信が可能なLTE通信を使うことが可能な機種もラインナップされているので、ズバリ申し上げてこちらの機種さえ持っていれば、日本各地で大概モバイル通信ができると思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です